投資に興味があってもなかなか実行できない人は多いのではないでしょうか?また、真面目な人ほど口座を開設する前に、書籍やサイトを読み漁るかもしれません。しかし、実際に取引をすることで得られることは多いものです。ごく少額の投資であれば痛手もありませんので、まずは実践的な行動に移しましょう!

小松製作所は優良企業・投資先選びに役立つ経理知識

株で損をしないためには、どうすれば良いのでしょうか?基本的なところから見ていきましょう。まず、株価というものは、買い手が多ければ上昇し、売り手が多ければ下落します。そして、株価を動かす2つめの要因は、企業の業績です。この企業業績が、株価に最も影響すると言われています。株は時価で取引されますから、上がることも下がることもありますが、株で損をしない基本は、やはり、安く買って高く売ることです。そのためには、買ってから株価が上がるであろう企業を選ぶ必要があり、企業業績をよく見極めて投資先を選ぶことが重要になってきます。多くの投資家が、会社四季報などを買うのは、企業業績の過去の推移や来期の予想をチェックするためです。四季報の他にも、新聞・雑誌・テレビ等のメディアによる報道も、企業業績を判断する材料になります。経理や財務の内容、将来性、事業が時代のニーズに合っているか等という点も、大きな判断材料です。メディアの報道以外にも、各企業のホームページには、ディスクロージャーと言って、企業が投資家や取引先等に対して公開している経営内容に関する情報が掲載されていることが多く、こちらも企業を判断する大きな手掛かりになります。例えば、小松製作所は、日本証券アナリスト協会主催のディスクロージャー優良企業選定において、平成28年機械部門でディスクロージャー優良企業に選ばれています。こうした企業のディスクロージャーを見ることに慣れていくと、おのずと投資先選びに役立つ経理知識も備わってきます。また、株には「倒産リスク」というのがあります。企業が倒産してしまい、株券が無価値の紙くずとなってしまうリスクです。投資先選びを慎重に行えば、倒産リスクもかなり減らすことができます。このように、企業業績の判断と投資先選びには、実にも様々な複雑な要素がありますので、慣れないうちは金融や投資サイトを参考にすると良いでしょう。